リフォーム・リメイク ユニバーサルデザイン フィッティングセミナー 会社情報・店舗情報 料金表
トップページ>フィッティングセミナー

 

メンズのサイズ構成がレディスより多いのはなぜ?

 もともとメンズとレディスでは既製服に対する考え方が全く違っていたのでしょう。極端な言い方をすると、自分の体型に合った服のサイズが無い場合、決められた号数に合わない体型をしている方が悪いというのがレディス。自分の体型にあった服を作らないメーカーの方が悪いというのがメンズ、という意識があったのだと思われます。

ファッションの多様化に対応するお直し

 つまり、服に体を合わせるのがレディスで、体に服を合わせるのがメンズということでしょうか。そのためお直し料金にしても、レディスの場合はほとんどがお客様負担で、メンズの場合はメーカー負担というのが当たり前になっていました。
ところが、最近ではメンズでもお客様の要望が多様になり、お直し料金もお客様負担という店が増えています。ファッションの多様化にともない出現した多彩なニーズにお応えするためにも、販売員に対してお直しの知識はますます求められているのです。

 

 



Copyright © 2013 Maruishi Shoji co., Ltd. All rights reserved.